FC2ブログ


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴルフ上達法-右ヒジの位置

2008.10.02(21:01)
ゴルフ上達法-右ヒジの位置


ゴルフ上達法


アベレージ・ゴルファーの多くが持っている悩みのひとつは、ダウンスイングでクラブヘッドが、飛球線の外側からボールに近づいて行ってしまうことでしょう。
つまりアウトサイド・インの軌道です。
頭の中ではインサイドからボールに当てようと思っていても、実際には逆になってしまいます。
どうしたらダウンスイングのとき、インサイドから正しくボールに持っていけるでしょうか。


もっとも効果的な方法は、ダウンスイングのときに右ヒジをからだの近くに持ってくるようにすることです。
しかし、バックスイングをとるとき、無理に右ヒジをからだからはなすまいとして、きゅうくつにしてしまう必要はありません。


バックスイングでは右ヒジはからだからはなれてかまいません。
スイングの弧を大きくするためには、どうしても右ヒジははなれてしまいます。
しかし、ダウンスイングにはいったときは、右ヒジはからだの近くに来なければいけません。
そしてインパクト・エリアにスイングがあるあいだ中は、右ヒジはこの位置からはなれないでいます。
どのくらいの近さがよいかについては、ゴルファーのおなかの回りのふとりぐあいによって多少ちがってきます。
感覚的に、ボールを打つとき右ヒジがからだの上をナデて行くぐらいの近さがよいでしょう。


ダウンスイングで右ヒジが、からだにふれるくらいの近さを通るようにすると、正しいクラブの軌道が生まれます。
<<ゴルフ上達法-スタートはゆっくり | ホームへ | ゴルフ上達法-スクエアスタンス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/61-9e2b4b85
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。