FC2ブログ


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴルフ上達法-インパクト時の右足

2008.09.18(21:00)
ゴルフ上達法-インパクト時の右足


ゴルフ上達法


ボールを遠くへ飛ばす「パワー」は主として、ダウンスイングで正しい形がつくられるかどうかにかかっています。
アベレージ・ゴルファーのスイングを見ていると、「棒立ち」のような姿勢でボールを打っている人が多ようです。
逆にトップ・プロゴルファーのスイングは、いかにも下半身が安定してパワーの源が腰から下にあることがわかります。


どうしたらそのようなスイングを身につけられるのでしょうか。
スイングのインパクト・エリアにきたとき、右足を地面に強く”押しこむ”フィーリングを持っているべきです。
実際にはこの右足の”押しこみ”はツマ先に集中されます。
それは、ボールを打ちぬくための自由な動作をしようと思ったら、右足カカトは自然に地面からはなれて上にあがっているからです。
”ツマ先”といってもそれは右足の親指のつけ根であることです。
同時に右ヒザは目標の方に折れこみます。
そしてインパクトでは右ヒザはまっすぐにボールをさしています。


このように、からだの右サイドを積極的に使うことによってウエートは左に移ります。
こうすればインパクトのとき、ウエートは完全にからだの左サイドにかかっています。

<<ゴルフ上達法-フェードとドロー | ホームへ | ゴルフ上達法-ダウンスイング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/60-e890556e
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。