ゴルフ上達法-スイングが乱れたら的を広げる

2010.01.30(21:19)
ゴルフ上達法-スイングが乱れたら的を広げる


ゴルフ上達法,スイング


コンペでは思い通りのショットができないことがあります。
そんなときはあわててスイングをたて直そうとすることは返って逆効果です。
スイングが乱れたとき、小手先で直そうとするのは禁物です。
スイングの見直しはプレーが終わってからやりましょう。


当たりが悪いときは、目標を広く設定してコースマネージメントで乗り切りましょう。
調子が悪いときはラフに入れることを計算しておき、同じラフでも左右どちらからがセカンドを打ちやすいかを考えましょう。
もし右へはずしたらグリーンを狙えないと判断したら思い切って左を狙うということです。


フェアウエイをはずすことを覚悟して打てば自分を楽な状態にしておくことができます。
目標を広くしておけば気分的にも楽になって、そのうちにはスイングが戻ってくるものです。
ショットが思わしくときは、ベストルートへ打とうと思ったら、自分からプレッシャーをかけるようなものです。
プレッシャーがかかれば伸び伸びとしたスイングができなくなり、ますます乱れてしまいます。

<<ゴルフ上達法-ドライバー編 アドレスからテークバック | ホームへ | ゴルフ上達法-バンカーショットではスムーズに振り抜く>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/179-30f33ee4
| ホームへ |