スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴルフ上達法-チップショット

2009.09.29(22:00)
ゴルフ上達法-チップショットのフェース



ゴルフ上達法,チップショット


チップショットはどんなクラブを使うときでもフェースをかぶせ気味にして打ったほうがよいでしょう。


グリーンがものすごく速かったりかなりのくだりであったりするとくは、ロフト通りに打って転がりをコントロールする選択肢もありますが、たいがいの場合は、フェースをかぶせ気味にしたほうがしっかりと、しかも正確にヒットでき、転がり方も一定になります。


ボールを両足の真中からやや右寄りに置けば、フェースは自然にかぶさりロフトが少なくなります。
まずボールをヒットしてからその先の芝生をけずり取るスイングをします。
これはアイアンショットの基本です。
そのためにもフェースはかぶせ気味のほうがよいわけです。
フェースを開くとボールの手前をかみやすいし、うまくヒットしてもスピンがかかってショートしやすくなります。


ウエートは左サイドにかけたまま、左サイドを軸にして、ほとんど腕だけのストロークでスイングします。
膝の送りは多少ありますが意識してやるほどではありません。


チップショットでは、ぴしっと歯切れよくヒットしましょう。
かなりボールが浮いているときでもボールを払うような打ち方はしません。
ぴしっと歯切れよくヒットすれば、ボールが沈んでいても正確に打てることはどんなショットでも同じです。


チップはショートしやすいですから、気持ちは直接ピンに当てるもりで打つといいでしょう。

<<ゴルフ上達法-ピッチショットでボールを止める | ホームへ | ゴルフ上達法-チップショットで寄せる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/160-bd464b12
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。