スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴルフ上達法-シャンクの原因

2009.08.16(20:46)
ゴルフ上達法-シャンクの原因


ゴルフ上達法,シャンク


シャンクはゴルファーにとってショックが大きいミスショットです。
1回シャンクが出ると2、3回続けてシャンクすることがあり、なおさらがっかりします。


では、なぜシャンクが出るのでしょうか。
シャンクの原因はクラブヘッドの根元にボールが当たっていることです。


クラブヘッドの軌道が4cmくらい外側を通るとスイートスポットに当たらずクラブヘッドの根元に当たります。
このような大きな軌道のずれはフルスイングでは起きませんが、ショートアイアンのコントロールショットではたまに出てしまいます。
ショートアイアンのコントロールショットでは、体の動きを加減して腕を主体にするスイングになるからです。


バックスイングを手だけで上げると、フェースが開いて上がりやすくなり、またアドレ スでの肩と両腕の三角形も崩れ、左脇が体から離れるため、腕と体が一体に動か なのです。
それでシャンクが出るのです。


どんなに小さいショットでも手だけでスイングするのではなく、肩と両腕の三角形をキープしてバックスイングし 、ダウンスイングも左でリードすることが大切です。
どんな小さいショットでも、ゆったりとしかも歯切れよく振り抜くことです。

<<ゴルフ上達法-インパクトでディボットを見る | ホームへ | ゴルフ上達法-フェースでボールをつつみ込む>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/156-c771cd5b
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。