ゴルフ上達法-ダウンスロープ

2009.11.06(21:18)
ゴルフ上達法-ダウンスロープ


ゴルフ上達法,ダウンスロープ


ダウンスロープでは目標に対するからだの向きに気をつけましょう。


というには、ほとんどのゴルファーは目標(グリーン)のはるか右を向いています。
一度、両足のツマ先にクラブを置いて、飛球線のうしろから自分でたしかめてみてください。
自分でも信じられないくらい右向きになっていることに驚くでしょう。


右を向けばバックスイングはインサイドにあがります。
ダウンスイングでは上体から突っ込んでしまい、ボールの手前をたたくミスが増えます。
ダウンスロープからのショットでは、クラブが長くなるほどスライスしやすくなります。


ダウンスロープでは思い切って左を向いて構えましょう。
自分ではかなり左を向いているくらいでちょうどよいはずです。


また、両膝をスロープと平行にするように構えることも忘れないでください。

<<ゴルフ上達法-スイングのリズム | ホームへ | ゴルフ上達法-フックフェースでシャープに振り切る>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/150-c53abcde
| ホームへ |