スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゴルフ上達法-つま先上がりのショット

2009.10.17(22:17)
ゴルフ上達法-つま先上がりのショット


ゴルフ上達法,つま先上がり


ツマ先上がりのライではボールは右足のほうに置くといいでしょう。
下半身を使わなくても鋭く打てるように、右足を軸にして右手で振り抜くためです。


ボールの位置が両足よりも高くなればなるほどスイング平面はフラットになります。
アドレスで肩とボールを結んだ傾斜角度がスイング平面ですが、スイングはそのスイング平面にそって行わなければなりません。


ボールの高さに応じてグリップは短く持ってボールに近く打てば、スイングの平面はかなり立ってきます。
クラブを長く持ってボールから離れればフラットなスイングになってしまいボールは左へ出やすくなります。


体を使ってフルスイングをすると、体のバランスが崩れてジャストミートの確率が下がります。
腰から下はあまり使わないで肩と両腕の三角形で振ることが重要です。
クラブを短く持てばスイングの弧は小さくなり、大きなスイングができないので飛距離が落ちるのはやむを得えません。


長いクラブを使うと、スイングはいっそうフラットになりむずかしいショットになります。
距離はあまり欲張らないで、正確にヒットすることを第一に考えることです。

<<ゴルフ上達法-打ち上げや雨の日の効果的ショット | ホームへ | ゴルフ上達法-アップヒル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/149-e1b9971b
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。