ゴルフ上達法-ロングアイアンの打ち方

2009.07.17(07:16)
ゴルフ上達法-ロングアイアンの打ち方


ゴルフ上達法,ロングアイアン


ロングアイアンはロフトが少ない分、ボールを上げるためにはそれなりのスピードが必要になります。
ヘッドのスピードでボールが上がって距離が出せるのです。


ヘッドスピードを出すためにはスイングアークをできるだけ大きくすることが重要です。
バックスイングをできるだけリストを使わないように、肩と両腕の三角形をそのまま、肩を十分にひねるようにします。


スピードを出そうとしてインパクトで力をいれてたたくことは逆効果です。
それはフォロースルーが小さくなり、結果、ヘッドスピードが遅くなるからです。


ロングアイアンでのショットは、ドライバーのつもりで、最後まで振り切る意識でのびのびと振り抜くことです。
スイングアークが大きくなって、ヘッドスピードが速くなります。

<<ゴルフ上達法-向かい風のティショット | ホームへ | ゴルフ上達法-低いボールを打つスイング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://golfevangelist76.blog74.fc2.com/tb.php/147-508ab619
| ホームへ |