最近の記事

  1. ゴルフ上達法-スイングの基本(03/06)
  2. ゴルフ上達法-バンカーショットの基本(12/19)
  3. ゴルフ上達法-ランニング・アプローチ(03/23)
  4. ゴルフ上達法-飛ばすということ(03/21)
次のページ

ゴルフ上達法-スイングの基本

2017.03.06(05:05)
ゴルフ上達法-スイングの基本


ゴルフ上達法,ゴルフスイングの基本


ゴルフ上達法の基本を少しでもアドバイスできればと思い、このブログを書いています。
まずは、ゴルフスイング理論を理解しスイング方法、コツを学びましょう。
ゴルフ上達法はやはり、スイング理論に裏付けられた練習を効率的に行なうことです。
ゴルフの初心者の方はあせらず、じっくりと学び、まずは100切りを目指しましょう。


ゴルフフクラブ、ゴルフボールの進化は目覚しいものがあります。
それに加えスイング理論の確立、コーチング技術の進歩などがあいまって、確かに今のゴルファーは昔よりうまくなっているでしょう。
それに対抗しゴルフ場は距離を長くしたり、ラフを伸ばしたり、グリーンを難しくしたりしていますね。
これからもいたちごっこが続くのでしょうか。


ゴルフ上達法の基本を3つだけ挙げてみます。
この3つは今も昔も不変のスイング理論です。


その1:スイングは一点を中心とした回転運動である。
その2:スイングの間、回転の中心は不動である。
その3:クラブヘッドはひとつの平面上を運動する。



極めて単純明快です。
ただ、この3つを毎回再現するためには、スイング理論の理解と効果的、効率的なトレーニングが必要です。
はっきり言って、月一ゴルファーには無理ですので、たまに出るナイスショットで満足しましょう。
ストレスたまりますから。


ときどきこの3つを思い出してスイングしてみましょう。

⇒ゴルフ上達法-スイングの基本の続きを読む

ゴルフ上達法-バンカーショットの基本

2014.12.19(06:00)
ゴルフ上達法-バンカーショットの基本


バンカーショット


バンカーショットは簡単に考えるほうがうまくいくものです。
恐れるから失敗するのです。


まず、スイングは基本的に手打ちでいいです。
両膝は少し内側にしぼりこまれた程度で、下半身の大きな動きはありません


ただバンカーから出すだけでは、バンカーショットは成功したとはいえません。
1ピンくらいの距離に寄せたいものです。
バンカーからピンまでの距離はトップ・オブ・スイングの位置で操作します。
標準はグリップが肩の線にくる位置ですが、ピンが遠い場合はやや大きく、逆に近い場合はやや小さめにとります。


絶対、下半身の動きで距離を調整してはいけません。
バンカーショットは、クラブのロフトに依存したショットで、極端にいえば、クラブを上げて下ろすという単純な動作だからです。
出そうと意識しすぎて、手首でしゃくりあげることは最悪です。
手首を使う必要はまったくありません。


クラブを上げて下ろすだけです。


体重を最初から左サイドにおき、テークバックはアップライトにとります。
この際、左足の指先の部分をオープン気味に開いておくことが大切です。
そして、インパクトでボールを直接とらえるのでなく、2センチほど手前にフェースを落とします。
ボールの手前に「打ち込む」というよりも、ヘッドがボールの砂を切るという意識です。

ゴルフ上達法-ランニング・アプローチ

2014.03.23(21:40)
ゴルフ上達法-ランニング・アプローチ


df5jbbjk_198285tqv6f3_b.jpg


ランニング・アプローチはエッジからの場合と、やや距離が残っている場合とでは、攻め方が異なります。


スタンスはラインを読みやすくするためにややオープン気味に、両足をほとんどそろえてアドレスします。
体重は最初から7分どおり左足にかけ、ボールは真ん中に置くのが標準です。


ビギナーはロングパットの時でもラインを読みますが、ランニング・アプローチの時はそれを怠る人がほとんどです。
ランニング・アプローチは、あわよくば直接カップ・インできる可能性を含んだショットですのでラインは必ずよむべきです。
そのちょっとした執着によってスコアが相当よくなるはずです。

ゴルフ上達法-飛ばすということ

2014.03.21(20:39)
ゴルフ上達法-飛ばすということ


ゴルフ上達法,飛距離


ボール飛ばすことには限度があります。
しかもその限度は各人まちまちです。

まず自分がどれだけ飛距離をのばし得るかを知る必要があります。
そこで、ひとつの目安として、自分に身長や体重が近いプロが飛ばしている距離が、自分が出し得る、あるいは目標とし得る飛距離と考えるといいでしょう。


それではどうすれば自分の最大限の飛距離を出し得るかということですが、飛ばすためにはクラブヘッドのスピード、ヘッドの走りが重要です。
トップオブスイングからインパクトにかけて、円を描くスピードを最大限にする必要があります。
下半身の動きをアドレス時と同じ場所にとどめ、上半身を捻り上げることによって反発力を強め、クラブヘッドのスピードを速めるようにします。
この時、気をつけなければならないことは体の軸を動かして横ぶれしないようにすることです。

| ホームへ | 次ページ